スポンサーリンク

それ転職じゃなくて「転社」じゃないの?

Pocket

景気の回復に伴って転職市場が盛り上がっていると言われて久しいですが、私はこのことに大変疑問を持っております。

スポンサーリンク

実務経験という名の壁

日本の転職活動って「転職」じゃなくて「転社」です。単に会社を変えるだけ。やる仕事は一緒みたいな。

普通、今の会社ないしやっている業務に不満があるから転職活動をします。

実際私も会社に対する不満、そして人見知りであるにもかかわらず就職先がなくやむを得ず選んだ「営業職」がまるで向いてないことを実感していたことがきっかけで転職活動をしてきました。

しかし、会社だけでなく職種も変えようと転職活動をすると必ず「実務経験」の壁にぶつかります。

営業はいつの時代も引く手あまたですが、私のように営業職から事務とか経理とか人事とかそういった職種を変えようとすると必ず実務経験の壁にぶつかります。

今の仕事と違うことをしたいから転職活動をしているのに、それを実務経験という壁が阻むのです。

現代日本においては、大学卒業後に就職した業種や職種に基本的にずっと縛られるシステムになっています。

そんなことを言うと「いや未経験からでもOKの求人あるじゃん」という意見もあるでしょう。

しかし、私が実際に転職活動をしていて営業職から職種を変えようと(キャリアチェンジと言うらしい)未経験可の会社に応募しても門前払いでした。

未経験可と書いていてもあくまで「可」であって、そこに前職からの経験を積んでいる人間が来たら門前払いです。

そういった経験から転職活動で会社を変えることはできても、職種を変えることはできないことを痛感しました。

以前にも実務経験至上主義に対する不満をこのブログで書きなぐりましたが(他人に実務経験を求めるのは排他的かつ恩知らずなことである)、日本における転職活動は「転職」ではなく「転社」なのです。

会社を変える自由は認められていても、仕事を変える自由は認められていないのです。

もしもそれは違う、未経験からでも一から仕事を教える会社があるとかいうならぜひとも私に声をかけてきてほしいものです。お待ちしておりますよ。