同じ会社で3年頑張れ?私には無理です(笑)

Pocket

大学卒業して就職したら多少つらい環境でも3年は頑張れという意見をよく聞きます。

最初は嫌だったが、3年以上勤めたら仕事の楽しさがわかってきたとかそういうやつです。

私はこの意見が大嫌いです。

スポンサーリンク




私は同じ会社で3年も働いたことありません。

見出しの通り、私は同じ会社で3年も働いたことがありません。

同じ会社で3年以上働く自分が想像できませんし、できる気もしません。定年まで同じ会社に勤めるなんてもってのほかです。

アルバイトでしたら大学時代に鉄道会社のアルバイトで4年ほど続けたことがありますが、大学卒業以降は1年前後で転職していました。

私からしてみれば、同じ会社で3年も働き続けるなんて気が狂ってるとしか思えません。

だって単純に途中で飽きるでしょう。

入社して3か月も経てば仕事に飽きてきませんか?

ああ、この仕事はこんなもんかって。

この会社はこんなもんかって。

そんな感覚になりませんか?

定年まで同じ会社に勤めるなんて狂気の沙汰です。

どっかでサボったり手を抜いたりして惰性で仕事してるでしょう。

大学生の時、周囲のすでに働いている先輩方に「同じ仕事を何年もやったら飽きませんか?」と聞いてまわったことがあります。

皆「そりゃ飽きるよ」との答えでした。

「じゃあなぜ続けられるのですか?」と聞くと「転職したいけど、転職先あるかどうかわからんし惰性で続ける方が楽だから」という答えが返ってきました。

同じ会社で勤め続けると仕事に飽きてくるのは当たり前なのです。

なかにはプロ意識をいつまでも持って何十年と会社勤務で働いておられる人もいるでしょう。

しかし、ほとんどのサラリーマンは惰性で仕事しているのがほとんどではないですか?

会社勤めのサラリーマンの立場で同じ会社に勤め続けることは、その会社がなくなればすぐに路頭に迷う大変リスキーな生き方でしょう。

大学卒業してからずっとその会社の文化や仕事のやり方に染まり、何の疑問も持たずに生きることなのですから。

同じ会社に勤め続けると自分の頭で考えなくなります。自分で考えて仕事をしているようで、単に会社から言われたことをしているだけですから。

実際、鉄道会社で契約社員をしていたとき自分の頭が悪くなっていくような感覚になりました。

鉄道会社の仕事において自ら一からモノを考えるという機会がありません。

がちがちにマニュアルが定められていますし、それを守ることを厳しく指導されているので自ら考え行動するということがもとめられていないのです。

ましてや、異常時以外はルーティンワークをひたすらこなすだけの日々ですから。

そりゃ頭が悪くなりますよ。考える力が衰えますから。

このご時世3年で時代はかなり変化するよ?

しかも、現代は変化の激しい時代だと言われて久しいです。

今から3年前なんて、ようやくスマホが普及しだしたくらいの時期ですよ。

まだほとんどの人がガラケーを持ってた時代ですよ。

今どうですか?

どこへ行っても老若男女スマホをいじっているじゃないですか。一体何をそんなにスマホをいじる用事があるんだってくらいに(笑)

3年前はスマホを持っている人がマイノリティーだったのに、今やガラケー持っている人がマイノリティーじゃないですか。

たった3年でもこれだけ変化する時代なんです。

3年も同じ会社に勤めてていいのでしょうか。

これが会社に属しないで独立して仕事している人なら話は変わってきます。

私も個人事業主として届け出てからは、日々お金儲けできそうなアイデアを練っては即実践の日々です。

まだ、目に見えて成果は出ていませんが、かなり楽しいです。自分の考えたことがすぐに実行できますから。

つまり、独立して仕事していれば自ら簡単に変化することができるのです。だから何年仕事しても飽きることはないでしょう。

これを読んでいるサラリーマンの方、マンネリ化した日常から脱するためにまずは個人事業主の届出をしてみるのはどうでしょう。やりたいことをやるための費用が経費になりますし、少なくとも考え方はごっそり変わります。

書類2枚出すだけでかなり簡単な手続きですが、本当に心理的変化はすごいですよ。

自分の頭で考えて、それが即実践できる環境は楽しいです。