新幹線とJR在来線特急は一緒に買うと得をする

スポンサーリンク
Pocket

暖かくなり行楽シーズンになってきた。これから旅行される方もいらっしゃるだろうが以外に知られていない得する情報というものがある。

ここで駅員時代の経験そして一鉄道ファンとして、新幹線とJR特急を同時に利用する際にかなり得をする方法を書いていきたい。

スポンサーリンク

新幹線とJR在来線特急の切符は同時に買うべきである

新幹線の特定の駅から接続するJR在来線特急の切符を新幹線の切符と同時に買うと、在来線特急の特急料金が半額になるという制度をご存じだろうか。

例えば東海道新幹線ならば新横浜~新下関間の新幹線の駅から、在来線の特急にその日のうちに乗り換えて利用する場合、在来線の特急料金は半額になるのである。

仮に東海道新幹線新大阪駅から和歌山方面の在来線特急「くろしお」にその日のうちに乗り換えて利用する場合、「くろしお」の特急料金が半額になるのである。

新幹線から在来線特急への乗り換えは同じ日でないと半額にならないが、逆に在来線特急から新幹線への乗り換えならば同じ日だけでなくその次の日に利用する場合でも半額となる。

他にも新幹線と在来線特急の乗り継ぎ割引が適用される駅は存在するので詳しくはJR時刻表の後ろのほうのピンクのページを調べてみてほしい。

間に普通列車がはさまってもOK!

ポイントとなるのは2つあり、一つは「新幹線と在来線特急の乗り継ぎなら同じ日のうち」「在来線特急から新幹線の乗り継ぎなら同じ日もしくは翌日」であっても特急料金が半額になることである。

二つ目はあくまで新幹線と在来線特急券を「同時に」買うことで在来線の特急料金が半額になることである。つまり時期をずらして別々に新幹線と在来線特急券を買えば特急料金は半額にならないのだ。

ちなみにJR在来線特急→新幹線→JR在来線特急といった乗り継ぎの場合は、どちらか高い方の特急料金が半額になる。

また、半額となる乗り継ぎ駅は必ずしも新幹線の駅だけとは限らない。条件付きではあるが一例を挙げれば岡山駅で新幹線と乗り継ぐことを前提に香川県の坂出駅・高松駅も乗り継ぎ駅になるし、大阪駅も新大阪駅で新幹線に乗り継ぐことを前提に乗り継ぎ駅になる。

つまり新幹線からJR在来線特急またはその逆の乗り換えは必ずしも連続する必要はなく、間に普通列車(普通、快速、新快速、特別快速などの列車)がはさまっていても特急の乗り継ぎ割引が使える場合があるということだ。

上記の例で言えば大阪駅が終点の特急に乗って大阪駅で新大阪方面の普通列車に乗り換えるとする。そして新大阪から今度は新幹線に乗り換えても、大阪駅までやってくる時の特急料金が半額になるのだ。

もともとこの割引制度は本来なら安いJR在来線の特急だけで移動できたのに、新幹線開業によって新幹線の高い特急料金を払わなければならなくなったことに対する救済制度として誕生した。

私が駅員をしていた時にこのことを知っている乗客はかなり少数派であった。もし今まで新幹線の切符とJR在来線特急券を別々に買っていた方がいたら、今度からぜひ同時に買うことをおすすめする。

スポンサードリンク
あなたのFP 20150316追加