作業BGMにおすすめ!日経ラジオ第二

スポンサーリンク





勉強の際や仕事の作業BGMに音楽やラジオを流している人は多いと思いますが、私がいつも作業や勉強中に流しているおすすめのBGMを紹介します。

スポンサーリンク

音楽だとジャンルがどうしても偏るし、ラジオは余計な喋りが入って邪魔。

11598257993_ffeb600779_n
photo credit: Zenith Royal “500” via photopin (license)

工場やオフィスでは、よくラジオや音楽を流しているところがあります。

しかし音楽だとレパートリーがどうしても偏ったりしますし、同じ曲ばかり流しているとどうしても飽きてきます。

ラジオだと音楽がメインというよりもパーソナリティの喋りがメインだったりして意外と耳障りだったりします。

ラジオといっても面白いものとそうでないものが激しいので・・。関西系のラジオは平日お昼でもわりと聞いていて面白いラジオ番組はあるのですが(朝日放送とか毎日放送とか)、これが東京のキー局系統のものだとそれこそ毒にも薬にならん番組ばっかりなんですよね。

音楽だけだとジャンルがどうしても偏る、ラジオだとパーソナリティの余計な大して面白くない喋りを聞かされる。私はもくもくと一人で作業したり勉強したりすることが多いのでこのことは結構悩ましい問題でした。

作業BGMの救世主、ラジオNIKKEI第二放送!

3309393390_661011afed_n
photo credit: 医学部図書館 via photopin (license)

しかし、この2つの問題を見事に解決してくれる放送局がありました。

それはラジオNIKKEI第二放送です。

この放送局の最大の特徴は、朝8時から夜23時くらいまでノンストップで音楽が流れる放送局であるということです。

放送される曲は邦楽、洋楽、一昔前の曲、アニソンなどなど特定のジャンルに偏っていないので聞いていて飽きることがありません。

しかも、朝8時から夜23時まで基本的にさまざまなジャンルの曲が流れるだけなので、パーソナリティの余計な喋りを強制的に聞かされることもなく、快適です。

12時台に申し訳程度のお昼のパーソナリティが毒にも薬にもならない喋りが流れる番組があることと、1時間に1回程度スピード〇ーニングのCMが流れることが数少ないネックです。

しかし、それ以外の時間はひたすら曲が流れるだけのとてもシンプルな放送局です。

このラジオNIKKEI第二放送の聞き方はとても簡単でパソコンでradiko.jpにアクセスしてラジオNIKKEI第二放送を選べば聴くことが出来ます(放送局一覧の右端あたりにあります)。

スマホならradiko.jpのアプリから聞くことが出来るので、この機会にアプリをインストールしておくと、日本全国どこでも聴くことが出来るのでとても便利です。

補足ですが、ラジオNIKKEIは有料会員にならなくても日本全国どこでも聴くことが出来ます。

私は無音で勉強や仕事の作業ができないたちなので、前の日に録音しておいた深夜ラジオを聞いたり、このラジオNIKKEI第二放送を聴いたりしています。

私のように作業BGMを何にするか、悩んでいる方にはぜひともラジオNIKKEI第二放送をおすすめします。

スポンサーリンク
格安スマホの相談に乗ります。