サイト管理者紹介


cropped-IMG_20150112_172552.jpg

名前:古城 敬之(ふるしろ ひろゆき)

奈良県出身。個人事業主(自営業ともいう)。

「誰も自分の事を雇ってくれないなら自分で自分を雇うしかない」と考え、2015年8月より個人事業主として届出を行い開業。

何をして生計を立てていくかは考えながら実践。とにかく行動。

とりあえず年収1000万行きたい。

これまでの経歴

1986年 奈良のド田舎に生まれる。

1993年~2002年 地元の公立小、中学校へ。かなり荒れた学校だったのでいい思い出が全くない。今周囲に話してもドン引きされるレベルの荒れっぷりだった。

ちなみに私が通っていた小学校も幼稚園も少子化の影響でとっくの昔になくなった。

2002年~2005年 ほどよい頭のレベルの公立高校に進学して硬式野球部に入部。練習や試合で休みなど全くなく野球部にすべてを費やすハードな学生生活だった。高校時代は野球と大学受験の勉強したこと以外の思い出が全くない。ホントにない。

2005年~2010年 第一志望の大学に不合格となり、第二志望の大学の法学部に進学する。風呂なしアパートに住み、週六でアルバイトをする極貧生活だったがバイト先には恵まれなんとか生き延びる。しかし大学自体は全然面白くなかった。彼女も友人もできず暗黒の大学時代。

2010年 リーマンショックの不景気風をもろに受け、就職活動も失敗。大学を卒業して超絶ブラック新聞販売店に就職することになる。

在職中は一日も休みなく、社員同士が普通に殴り合いのケンカをして警察のお世話になったり、給料も遅れだしたので10か月で退職。

2011年~2012年 超絶ブラック新聞販売店を退職後、JR西日本の契約社員の内定を取り入社。入社後は駅長から表彰されるほど熱心に勉強したり、至って真面目に仕事していたが、常識をはるかに超えるアホな客の対応とパワハラ上司、冷たい同期や同僚、一日12時間勤務やそれに見合わないやっすい給料に嫌気がさし、さらには正社員への道を絶たれ1年8か月で退職する。

2013年 JR西日本を退職後、転職活動をするも2社短期で退職しているため転職活動は難航。半年ほど無職状態だったが保険代理店から内定を得て4月から働き始める。一日200件を超える個人宅への飛び込み営業、週休1日で毎日朝9時から23時までのハードな勤務をこなす(もちろんサービス残業)。

四苦八苦しながら努力した結果、完全自力で保険契約を獲得することに成功。うまくいくように思えたが、入社時に固定給保証があると聞いていたにもかかわらず突然それをなくすと社長がいいだし、大モメ。半ばバックれる形で退職。たった3か月間の在職期間であった。サビ残代は退職後きっちり請求しました。

2014年 短期間で3社経験したこともあって100社以上応募しても全く内定を得られず持ち金も尽きてきて失意の中実家に戻る。友人の働いている介護施設でお世話になりつつ、独立自営のため資格取得に力を入れる。

2015年 8月より個人事業主として開業。現在に至る。

このサイトに対するご意見やご感想、その他問い合わせたいことがありましたらお問い合わせページからお願いします。

スポンサーリンク