死亡保険金が生きているうちにもらえるリビングニーズ特約を知っておこう

Pocket

生命保険における、死亡保険金は死なないともらえないから被保険者本人は関係ないと思っている人が結構います。

確かに昔はその通りだったのですが、現在では一定の条件のもとに死亡保険金を本人が受け取れる制度があるのです。この記事では死亡保険金を本人が受け取るれる制度について紹介します。

スポンサーリンク




条件はただひとつ、余命6か月以内と宣告されたらもらえる

それはリビングニーズ特約という特約のことです。

リビングニーズ特約に加入すると余命6か月以内と宣告されたときに死亡保険金の全額または一部を本人が生きている間にもらうことが出来るのです。

この特約は加入するのに追加で保険料が発生することはありません。

理由としては、リビングニーズ特約によって死亡保険金をもらうときには6か月分の保険料と利息が引かれるからです。つまり保険会社は本人が生きているうちに死亡保険金を受け取っても損をしないというわけです。

それでも死亡保険金が本人が生きている間に受け取ることが出来るのはかなり大きいでしょう。

ただ、この特約の注意点が2つあります。

一つは受け取れる死亡保険金の限度額が3000万円を上限として設定されていることです。

もう一つはこのリビングニーズ特約で受け取った死亡保険金が、実際に亡くなった後も預金等で残っていた場合は、その残額に対して相続税がかかってきます。

この特約は保険加入時に契約書にリビングニーズ特約と小さく書かれていますので、そこに〇をつければ加入できます。

新たにがん保険や終身保険など死亡保険金がある保険に加入する際は、リビングニーズ特約に必ず加入することをおすすめします。

スポンサーリンク