スポンサーリンク

クールビズで仕事するのに注意書きや期間設定が必要なんてどうかしてる

Pocket

5月も下旬に差し掛かり、夏に向けてどんどん暑くなってきました。

こんなに暑くなってきても、当たり前のようにスーツ姿で通勤する人を見るたびすごいなと思うと同時に、私もサラリーマン時代は真夏でも普通にスーツ着て通勤したり、仕事していたことを思い出してげんなりします。

クールビズが世間に浸透してもう結構時間が経ちましたが、それでも会社やお店に行くと「スタッフが節電のためクールビズ姿で仕事していますがご了承ください」なんていう注意書きが書いてあることがあります。

またネットでクールビズと検索すると、候補にクールビズで仕事してよい期間について挙がってきます。

季節に合った服装をして仕事をしようというだけなのに注意書き、実施期間の設定が必要なんて、日本のサラリーマンはどれだけ不自由なのでしょうか。

スポンサードリンク
保険スペース

スポンサーリンク

明らかに非効率なのにそれを辞めることに世間の目が怖いという心理

暑いときにわざわざ長袖シャツを着て、ご丁寧にネクタイを締めて暑苦しいスーツジャケットを着るなんて本当にどうかしています。

ネクタイは本来は首元を保温するための防寒具の一種なのだそうです。だとすると真夏にネクタイを締めて仕事しているのは、かなりおかしい光景ですね。真夏にダウンジャケット来て手袋して仕事してるのと一緒ですから。減量中のボクサーじゃあるまいし、すぐに熱中症になってしまいます。

暑いときにわざわざ暑苦しい服装をするせいで電車内やオフィスはクーラーをきつめにかけ、その結果無駄な電力を消費してきたわけです。

クールビズが浸透してきたのは明らかに東日本大震災で日本中が節電に力を入れだしたころです。そりゃクーラーの設定温度を上げたり、そもそもクーラーのスイッチを切ってしまったら、長袖スーツを着たサラリーマンは即熱中症になるでしょう。

しかし、先ほども書いたようにクールビズを実施する人や会社は増えても「正式な」恰好ではないからご了承くださいという変な注意書きがそこらじゅうにあるわけです。

よほど奇抜であったり、場にふさわしくないものでないかぎりは仕事の服装なんて季節にあったものを着るのが正しいと私は考えています。日本の夏なんてヨーロッパやアメリカなんかと違って高温多湿なのに恰好だけまねたって非効率なだけです。

暑くなってきたことによってクールビズの恰好をして仕事している人を批判する、あるいは不快に思う人がいるのでしょうか。私は先の注意書きを見て存在もしない人に対して注意書きをだしているように感じました。つまり見えない「世間」に対して無駄に配慮しているのです。

暑いなら涼しい恰好をする、当たり前のことです。

いつまでクールビズの恰好で仕事するか、それは涼しくなるまでに決まってるでしょう。

見えない「世間」に気を取られずに季節に合った服装をして仕事ができる社会になってほしいと私は考えます。

スポンサードリンク
20150407追加

スポンサーリンク