熊本地震直後だからこそ知っておくべき防災セットの豆知識

スポンサーリンク





-shared-img-thumb-TSUCH160130170I9A6656_TP_V

熊本地震の被災地にようやく物資が届くようになっているらしい。

やっぱり大災害後3日間を生き抜くための備えは必要なんだと痛感している。

阪神淡路大震災であったり東日本大震災といった大災害を経験してきて、そのたびにあれを備えておこう、これをやっておけば大災害が起きてもなんとか大丈夫といったノウハウや知識は日本に蓄積されてきた。

しかし、いくら災害の被害を最小限に食い止めるためのノウハウや知識が蓄積されてきていてもいまだに災害が起きてからすぐに支援の手が行き届くようにはなっていない。

結局のところ普段から防災セットを購入して備えておくなどして、自らある程度備えをしておく必要があることに変わりないのだ。

さて、熊本地震を機に防災セットについていろいろ調べてみたのだが全然知らないことだらけであせった。

あまりにも世の中的にも全然知られていないことばっかりだったのでこのブログ記事をもって、知識をシェアしたいと思う。

スポンサーリンク

防災士が作っている防災セットは意外と少ない

楽天市場なんかで防災セットを調べてみると、防災セットが数多く出てくる。

しかし、実際に防災知識のある人がすべて防災セットを作っているわけではないそうである。

つまり、特にこれと言って防災知識のない人がこれがあれば大丈夫だろう、あれがあれば大丈夫だろうと適当に防災セットに詰め込んでいるだけということがよくあるのだ。

あってもなくてもいい装備がたくさんあって肝心の装備がなかったりすることが実際に災害時防災セットを使用する際に起こり得るのだ。

防災セットを購入する際は防災士資格、あるいは防災知識のある人が作っていることをしっかり確かめて購入すべきである。

防災セットは中身が多ければ多いほど良いわけでは決してない。

これも全然知らなかったのだが、かの東日本大震災では非常用防災セットを持っている人が結構いたらしいのだが津波で避難する際に重すぎて途中で捨ててしまうということがかなりあったらしい。

防災セットなんて中身がたくさん入っていれば入っているに越したことはないと考えがちだが、その結果重すぎて避難する際に持ち運べないでは確かに本末転倒である。

つまり防災セットを選ぶ際には中身の充実ぶりもさることながら、いざというときに持ち出して避難できる重さなのかも同じくらい考えなければいけないのだ。

今回の熊本地震を通じて大地震は日本全国どこでも起きて被災地になる可能性があることが浮き彫りになった。

防災セットはぜひとも備えておかなければならないアイテムである。

普段どれだけ食料や水がありふれていて自由にトイレに行ける環境で生活していても一度大地震が起これば、それらを求めてさまよったり苦労したりしなければならなくなる。

大地震の怖さを改めて痛感させられた今だからこそ、すぐにでもいつか来るかもしれない日に向けて準備しておきたい。

今回の防災セットに関する知識は以下のサイトで勉強した。防災士資格を持つ店長が自ら作った防災セットの販売サイトである。一度チェックされることをおススメする。

防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】