スポンサーリンク

独立して仕事しているならコンタクトしやすくするのが当たり前である

Pocket

スポンサーリンク

フリーランスにとってコンタクトが取りづらいのは致命傷である

先日、私はファイナンシャルプランナーの端くれとして他のファイナンシャルプランナーがどういったサイトを作って仕事をしているのか気になってあらゆるファイナンシャルプランナーのサイトを検索して見ていた。

それぞれ特徴を打ち出してサイトを作ってあったのはいいが、問い合わせのページを見て私は失望した。

問い合わせが基本的には電話を直接かけるというパターンばかりだったからだ。

メールやお問い合わせフォームからというものもあるにはあるのだが、やたらメールアドレスが携帯電話の初期設定のような長く覚えにくいものであったり、お問い合わせフォームが機能していなかったりしていたのである。

そして当たり前のようにメールアドレスやお問い合わせフォームが使用できなくなっていますのでお電話で直接お問い合わせくださいとなっているサイトすらあった。

いきなり知らない人に電話をかけるなど敷居が高すぎる

せっかくサイトを作って宣伝することでお客様を獲得しようとしているにも関わらず、連絡用メールアドレスが長い、お問い合わせフォームが機能していない、そもそも電話でないとコンタクトがとれないなど論外である。

問い合わせするほうからしてみたら、電話を掛けてみてどんな人が出てくるのかわからないのだ。勇気を振り絞って電話で問い合わせしてみた結果、ろくでもない対応をされて不快な気分になるかもしれない。第一、直接電話連絡をしたら話を聞いてみて断ろうと思っても断りづらいではないか。

そうでなくても電話で問い合わせとなると、相手がよほど大手でコールセンターでもこしらえているならともかく、電話を掛ける時間が限られてくるのが普通である。夜中や土日祝日に問い合わせしても大丈夫なようになっているところがほとんどならいいが、中にはお役所みたいな平日9時から17時までというものもあるからふざけた話である。

こうしたことを防ぐために24時間いつでも電話に代わる連絡手段としてメールやSNSといったものが誕生したのである。

それなのにいまだ電話で直接問い合わせすることを求めるなど、時代遅れもはなはだしい。

またサイトやメールアドレスを用意していても、例えば契約しているプロバイダーのサービス経由であったり無料でサイトを作ることのできるサービス(fc2など)を使っているのがほとんどである。

契約しているプロバイダーのサービスを使ってサイトを作ったりfc2のような無料ホームページ公開サービスを使っているとアドレスが長く、かつ覚えづらいものになりがちである。メールアドレスも同様でプロバイダーから提供されるメールアドレスなどとても覚えられたものではない。

ここから見えてくるのはサイト作成やメールアドレス作成においてお金を一円もかけたくないという考えである。

言うまでもないが無料のモノやサービスが有料のモノやサービスよりも優れているということはない。無料のモノやサービスは有料のそれに比べると見劣りするのは当たり前である。

金をかけたからといって必ずしもいいものが出来るとは限らないが、無料のモノやサービスばかりでいいものが出来るはずもない。

見てもらいやすいサイトや問い合わせしやすいメールアドレスを作るのはそれほどお金はかからない。サイト作成において有料のサーバーを借りても月500円程度で借りることができるし、メールアドレスもサーバーを契約すれば作りたいアドレスを無料で作ることだってできる。有料で使いやすいサーバーとしてはロリポップやエックスサーバーなどがあるのでぜひとも調べてみるべきである。





サイトやメールのアドレスを覚えやすくして、問い合わせの敷居を低くすることでお客様からの反応は違ってくるはずである。

わずかなお金をケチることで、かなりの機会損失をしていることを知るべきである。

スポンサーリンク